# みんなが災害から学ぶこと・・・ ? !

 今回の大阪北部地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
     また、被災された方々が一日も早く日常を取り戻せます様に ! !

             まだ余震も続いているようで・・・
           そして追い打ちをかけるように大雨が
         避難勧告も出た― との事、心配は続きます。

             ニュース速報が流れた後すぐ
          友人、知人たちへ安否確認をしたところ…
           皆無事でホッと胸をなでおろしました~
 ただ、友人のご主人はもう出勤されていましたが…帰宅はとても大変だったらしい 。


          都市型地震と言われる今回の大阪北部地震
                     では
          帰宅困難者問題が再びクローズアップされた

            行政の「移動(帰宅)しないのが原則」と
          一般市民「とにかく一刻も早く家に戻りたい」の
                     温度差
            現実になるとなかなか埋まりそうもない。

    また、1978年の宮城県沖地震の時に学んだはずのブロック塀の事故も

         ➀ 時が過ぎ、記憶から忘れ去られた ? !
         ② 遠く離れた地域では、その事も共有されなかった ? !

    だから・・・
    東日本大震災の福島原発事故で今だに故郷に帰れない人たちがいるのに…
    遠く離れた地域では、忘れたかのように次々と再稼働へと…

       復興も大事だけど…私を含め学ばなければダメだな ! !

          『国民の命を守り、国を健全に動かす』
             その働きを担う偉い先生方、
       どうかこっち側を向いて一生懸命にお仕事してください

           想いがねじれることがありませんように ! !

           DSCN1881_convert_20180620155617.jpg
                鳥が運んだ我が家のネジバナ

MINA


にほんブログ村
スポンサーサイト

カセットテープを聴きながら・・・金子由香利


            鬱陶しい梅雨空がつづく~
       傘はあるけど長靴がない…外遊びはなし―

       こんな時は 家の中で探し物~~ありました ! !

        昔、後輩がバースデープレゼントしてくれた
            懐かしいカセットテープです~

        DSCN1877_convert_20180616152514.jpg

     20代の私はその頃「お・と・なの女性」に早くなりたかった

         背伸びをしたかった―そんな私にとって
             銀座のシャンソン喫茶は
       「お・と・な」の階段を上がる場所でもあったのです

60年代のシャンソン喫茶『銀巴里』は
三島由紀夫 野坂昭如 寺山修司 吉行淳之介など…
文壇の人たちが集まる場所だった。


       その60年代の雰囲気を感じさせる…会社の上司に
                連れて行ってもらい
         『銀巴里デビュー』を果たしたのでした♪

         薄暗い階段を降りると…憧れの世界が~
      そこで初めて「金子由香利」の歌を聴いて虜になった♪
              
              DSCN1880_convert_20180616152611.jpg

          彼女の語りかけるような歌声に魅了され
           その後も何回か銀巴里を訪れた♪
  好きな曲は幾つもある―年齢が変わると好きな曲も変わっていった~

         「18才の彼」の曲をテープで初めて聴いた頃は
              何となくなじめなかったけれど…
                 いつの頃からだったか 
      、あのくすぐったい感覚が愛おしいくらいわかるのでした~

        「18才の彼」
  18の彼は どこか幼くていい男
  私の心に 愛が燃えたのは 夏の日よ
  髪の毛直して マスカラつけると 笑う彼
  可愛いこのひと 私は誘惑してみたい

  18の彼は 愛の言葉など一言も…
  そして映画やら 新しい歌の話だけ
  それよりも早く 貴女がほしいというのです
  素晴らしいねどこ 私の上には青い空

  18の彼は うぬぼれ強くて
     ・・・・・


       1990年の暮れに その『銀巴里』は幕を閉じた
       そして、金子由香利も今は静かに引退しています。

       銀座7丁目の『銀巴里』跡地には
                    「元銀巴里跡」の石碑が立っている。

MINA




にほんブログ村

初個展へ伺いました~♪

          昨日、ブログ訪問している
        慧喜さんの初個展に伺いました~

      早稲田のドラードギャラリーでの個展です
  以前このブログでもドラードギャラリーの事は書きましたが

        彼女の絵はこのギャラリーに
          本当にピッタリです ! !

DSCN1875_convert_20180615154708.jpg

 土・日は混み合うだろうし…雨だったので
      最終日ギリギリになってしまった~

     以前彼女のブログで見た絵に
       やっと出会えました♪
   マチエールにこだわる彼女だからこその…
      魅力的な作品でした♪
           
DSCN1873_convert_20180615154834.jpg

      また、子猫を描いた作品は
          小品ですが・・・
      とても見ごたえのある作品でした。
        色合い・タッチ等々すべて
      バランスのとれた作品では ? !と
      私は勝手に思ってしまいました♪
    女性の心を鷲掴みにするのが納得です~

DSCN1874_convert_20180615155003.jpg

  彼女の内面がいちばん現れている女性のやや斜めをむいた作品
             
         柔軟で優しいだけでない
    オブラートに包まれた芯の強さを感じました。

DSCN1871_convert_20180615155100.jpg


   伸びしろいっぱいの若いアーティストにお逢いできて…
        ブログを始めて良かった~と
           思った日でした。

     やっと写真をアップする事が出来ました~
          でも、写真の腕がよくないので・・・
          実際の絵はもっと良かったです♪
  
MINA


にほんブログ村

#新宿副都心で展示会&展覧会~つづき

                  『ターナー展』へ
               いくら会場が近いとはいえ
          展示会と展覧会をハシゴするのは結構疲れる
                お茶してから美術館へ~

         DSCN1862_convert_20180603213220.jpg
                             パンフレットより

           出掛けたのが平日でないせいか結構込み合っていた
                       なので・・
               小さな「挿し絵」がとても魅力的なのに
                       残念ながら
             どうしても間近でじっくりと鑑賞できなかった~

        イギリスの風景画家 ターナーは風や空気、光を優れた技法で表す ! !

           フランスの印象派画家にも影響を与えたといわれますが…
                 ターナーの描く水彩画を見ていると
             私たち日本人が心惹かれ好むのがよくわかる♪

                      今回の展覧会は
              郡山市立美術館からの版画も多く出展されて 
                初めて見る作品もあり一層楽しめる♪


                      展覧会場内は、
         ターナーの絵画の魅力が伝わる4つの章立てになっていました

         一章「地誌的風景画」 二章「海景ー海洋国家に生きて」
    三章「イタリアー古代への憧れ」 四章「山岳ーあらたな景観美をさがして」

                          そして
                 絵画に出てくる「技法」の説明があり
             鑑賞だけでなく描くことに興味がある人にとって~
                すごくいいキャプションだと思いました♪

                    私のお気に入り絵画は・・・
           二章の 『風下側の浜辺にいる漁師たち時代模様』です
                 

          <この絵画は、ターナーが晩年買い戻したくても叶わなかった>

            波のパワー凄い ! !  ちっぽけな悩みなんて砕け散る―

                       「ターナー展」
                 2018年 .4.月24 日~7月1日
                   損保ジャパン美術館
  MINA

 よろしくお願いします
     ↓


にほんブログ村

# 新宿副都心で展示会&展覧会めぐり~

          先日、新宿の小田急第一生命ビルで行われた
              「東京国際ミネナルフェアー」
                     と
           損保ジャパン美術館の「ターナー展」
                をハシゴして来ました~

       ランチの後、最初に「ミネラルフェアー」へ向かいました。

       2018_HP-959x1024[1]_convert_20180603213042
                        写真お借りしました        
        
         ミネラル(鉱物・化石・隕石など)の展示ブースと
                 今回の特別展として

           「結晶に閉じ込められた美しい世界」
                と題した写真の展示
    『宝石や鉱物内部のインクルージョンが持つ美しさはまさに芸術的』
               ほんと ! ! 綺麗です ♪

       各ブースにはサメやイグアノドンの歯、恐竜の爪など・・・
            マニアックな男性が大半かと思えば
                 
            意外と若い女性の姿が目立つのは
               鉱物は宝石のタマゴ?
        スピリチュアルな石の世界がブームのせいかも

                私は―石が好き ! !

DSCN1863_convert_20180603213437.jpg  DSCN1864_convert_20180603213331.jpg
           昔秩父の河原で集めた石   63種の岩石鉱物標本

             そして、会場へ入る前に
  「今日は G さんに逢うのが目的だから…あれ買って、これ欲しいはナシだよ」と
             家人にくぎをさされた ! !
       子供じゃないんだから…とすぐに反論できない私。

     ずいぶん前に G さんに「シーラカンスの原型」を家人が頼まれ
        私も粘土原型をアトリエで手伝っていたので・・・
            その時以来でしたお会いするのは―

     その頃 我が家のアトリエでは恐竜を作ることも多かったので
           私もしぜんと恐竜の爪や歯
          そして骨格などに興味を持ち
   
     もの作りの楽しさにどっぷりつかって行きました♪

「ターナー展」は次回に

MINA


プロフィール

MINA

Author:MINA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR