FC2ブログ

つらい花粉症の散歩で・・・思わぬ出来事が ! !

DSCN3829_(2)_convert_20210226103942.jpg
                (お行儀よく間を開けて咲いてま~す)

    今日は午後から私が暮らす所では雨の予報になっていますが…
      乾いた空気や大地には恵みの雨になるでしょう
    一雨ごとに春を待っていた草花が芽吹き花を咲かせます
      黄色いタンポポを見つけると小さな幸せがもらえた気がする

    ところでタンポポには西洋タンポポと日本タンポポ(それぞれ地域ごとに名がある)
     がある事は知っていたが具体的には分からず少し調べてみたら

          これが結構楽しい ! !  面白いのです! !

    【先ず見分け方】 花びらの付け根にある総苞片が反り返っているかどうか

     日本タンポポ⇒総苞片が閉じていて、基本的に春に発芽して開花する
               * なんて奥ゆかしいのだぁ~
               種の数が少なく大きくて重い
     西洋タンポポ⇒総苞片が反り返っていて、一年中発芽して開花する
               * ちょっと節操がない感じが~
               種は日本タンポポの2倍で小さくて軽い

    そして大きく違うのが、
     日本タンポポは自分以外の株の花粉を昆虫などの手助けで受粉する
     西洋タンポポは「アポミクシス」と言って受粉せず自分で種子をつくる

     自分で受粉して軽い種を遠くまで飛ばすことが出来て
      あちこちの空き地や新天地で花を咲かせる⇒西洋タンポポ
     重い種を遠くへ飛ばすことが出来ずに     
       今いる場所で花を咲かせ続ける⇒日本タンポポ


               KIMG0734[2077]_convert_20210226104049



   う~ん今年はこんなに早い時期から花粉症がひどい
    処方された薬を飲んでも今年は効き目がイマイチな感じです
   夕刻を過ぎると両鼻詰まりで食事する時も寝る時も大変ですー

   昨日も帽子とマスクそして花粉用メガネの完全防備で散歩に出た
    ちょっとした坂道に差しかかった時家から出てこられたおばさんと
   目が合ったので軽く会釈した(私は怪しいものではありませんの意を込めて)
    
   するとそのおばさんが「どなたかしら ? マスクだから判らなくてー」と
    慌てて私「散歩中で、近所の者ではないです~」

   ちらっと私が農家の庭先で買って来たほうれん草を見て…
    何を思ったのか「チーズケーキ食べない ? ちょっと待って」
      見ず知らずの人に手作りのチーズケーキを ? !

   家人は後ずさりしたけれど…私は「嬉しいーありがとうございます~」
    これも何かのご縁でしょう~と素直に頂くことにしました
   少し立ち話そして見晴らしの良いお庭まで案内してくれました♪

           KIMG0761[2080]_convert_20210226104209


   早速、3時のおやつに美味しい手作りチーズケーキをいただきました。

     昨年の初夏の散歩の時も見ず知らずのおじさんに
      小さなサクランボの木の枝をいただいたし 
     晩秋の頃には柿の実取りをしていたおじさんに
      柿を投げてもらいナイスキャッチした事を思い出した

   散歩の途中に本当にいい人に恵まれているなとつくづく思った
    それとも私って『頂戴オーラ』を全開に出しているのかしら…        

          





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

認知症なんて怖くない、一面のホトケノザを見ながら…

DSCN3833_(2)_convert_20210220151821.jpg

    散歩の途中に新しい建物が建ち並ぶ一角の空き地を見ると
     紫の絨毯を敷き詰めているような光景が広がる

    よく見るとあのホトケノザがまるでコミュニティーを作っているようだ

    私はつい最近まで、あの「春の七草」にあるホトケノザと同じだと思っていた
     花が咲く前のヒョロヒョロしたのを七草として食べていると・・・
    別物とは~紛らわしい名前を付けたものです
   <七草のホトケノザはキク科で、このホトケノザ(仏の座)はシソ科だそうです>

    また名前が違って花がよく似ているのがヒメオドリコソウです
     同じような場所に同じような時期に咲くのでこれまたややこしい
   <花が上向きに咲くのがホトケノザ横向きに咲くのがヒメオドリコソウ>

     花言葉は「調和」「輝く心」    誕生花は「2月8日」



               65188064_(2)_convert_20210221162939.jpg



     40年近く隣同士に住んでいた義姉が色々あって
     私達がこちらに引っ越す頃に施設に入ることになった

     おととしの暮れ、長年のお礼を伝えたくて施設を訪ねて行った
      それからすぐにコロナ禍になり
     それ以来一度も誰も義姉の所を訪ねていないとの事…
      施設からの報告はあるようだが本当の所はどうしているのだろう

     あの日私の事を少しでも思い出して貰えるかもしれないと
      義姉に貰ったお下がりのジャケットを着て行った
     そのジャケットをこうして時々見ると…胸がいっぱいになる
 
              DSCN3840_(2)_convert_20210220152146.jpg

     「音楽を聴くと脳が活性化する」 という情報を目にする

     認知症と音楽療法に関する研究も現在進んでいるという
      認知症の人の生活の質をあげるのはもちろん、
     うつ症状を抑えたり認知機能を改善できるという

     音楽は音とリズムを聴くだけでなく歌詞の内容にも反応する
      なので…脳の多くの領域を活性化させている
  音楽をよく聴いたり楽しんでいる人は常に脳を活性化している事になるでしょう

     また写真を飾る事で視覚から入る情報で脳を活性化させてくれる
      認知症の人もそうでない人も、思い出の写真や音楽と向かい合って
     幸せオーラを受け取りあの時の幸福感に浸ってみませんか~

     そう言えば義姉のお部屋は殺風景だった―
      写真たて置いてお気に入りの音楽でも流してあげたいなぁ~

       認知症・・・介護するか、いずれ自分がかも知れない
             避けて通れない道のように思う





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

どんな花が咲くのでしょう・・・楽しみ♪

DSCN3821_(2)_convert_20210217105254.jpg

     昨日、暖かな日差しの中庭に出て窮屈そうで気になっていた…     
     小さな植木鉢にびっしり芽を出している謎の?お花たちを
     大きなプランターへ移し替えてあげた

     昨年の秋ごろから道端で咲き終わり種をつけた花の
     その種を鳥に運ばれたりそのまま落下する前に…
     私の片手でスゥーともらってきた~

      晩秋の頃まで、いろんな場所で少しづつ種を集めていたので
     何の花だったか一緒くたになって分からなくなっていた
      庭に無造作にパラパラと蒔こうかとも思ったが…
     雑草の芽と区別がつかなくなるので植木鉢へ蒔いて芽のでるのを待った

  DSCN3824_(2)_convert_20210217105432.jpg

     そして、小さな鉢ではち切れんばかりに芽を出した
      花の赤ちゃんを二つの大きめのプランターへお引越し
     四つ目の小さい鉢で芽を出した花の赤ちゃんは庭に地植えにしてみた
     
     花の種類別に分けて種を保管していなかったので…
      どんな花が咲くのやら楽しみです

     育ち方の違いもあるでしょうから途中で潰されるかもしれませんが
      皆元気に花を咲かせて欲しい・・・
     寄せ植えとは違うミックスプランターを楽しみにしている







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

久々の美術鑑賞で絵画と向き合えば・・・

  DSCN3803_(3)_convert_20210212103749.jpg
     
     
     もう一年位美術館とはご無沙汰しているがその間デジタル画像で
     美術作品や公開された企画展などかなりの数を観ました~

     そこで平日の混み合わない午後に宮永岳彦美術館へ行った
     本音を言えばものすごく観たい作品ではないが…
     
     以前新聞記事で、奥村土牛と梅原龍三郎の作品が
     小田急財団から寄贈されたと記されていたのでそれを観たいと思って…

     そしてもう一つ、
     美術作品と向き合い生感覚を甦らせたい…つかみ取りたくて出掛けた。

 DSCN3807_(2)_convert_20210212103500.jpg

     確かに館内には誰もいない (これはスーパーへ行くよりコロナ感染は少ない)
     とにかく、こじんまりとしてコンパクトな館内~
     ぐるりと見渡せる一室のみでした。

KIMG0722[2071]_(2)_convert_20210212103901
                  入り口の案内板の一部より

     宮永岳彦の作品と言えばこの美人画を多くの方が思い浮かべるだろうが
      今日の展示作品にはグラフィックデザインや表紙絵の原画
     そして水墨画などの作品も並ぶ…何でもこなせて上手い画家だと思う
     
     ケースの中には【ぺんてるクレヨン】の懐かしい箱が並んでいる
     <ペペとルル> 生みの親としての宮永岳彦の顔がある

 DSCN3804_(2)_convert_20210212103632.jpg

     本日の展示作品で私が一番気に入ったのがこの油彩画です
     思いっきりのいいタッチと色づかい (モノクロしか写真がない…ポスターより)
     大好きなモーリス・ド・ヴラマンクを思わせてくれた~

    そして、お目当ての梅原龍三郎の「薔薇」のみ入り口近くに展示されていた
     展示場所や照明にもう一工夫あっても良いのではないと思った
    もう一点の奥村土牛「チューリップ」は次回の展示の時だと言われてしまった

     この美術館でさえお決まりの? 館内撮影禁止なのだ
     コロナ禍とはいえ閑散とした館内を見渡し・・・我慢が出来ず一
     
    『常設展示室での写真撮影をOKにしてSNSなどで発信してもらう事は
     これからの時代必要なのではないですかー』 と係の方へ。
   
    きっと宮永岳彦だって多くの方に観てもらう事を望んでいると思うけどなぁ~



                :*   *   *

     いつもブログにお邪魔している方が先日、干し芋を作られた~
      昔、母がよく練炭火鉢の上で焼いてくれた干し芋を思い出して
     私も真似をして作ってみることにしました…
      失敗するかもしれないと思い大きめのサツマイモ二本で始めた
    
      DSCN3818_(2)_convert_20210212104103.jpg


     三日間干しただけなので…柔らかくそのままいただく事に
      家人が喜んで食べたのには少々驚いたが―嬉しい  

    

     


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

「福寿草」…今だから福と長寿にあやかりたくて~

KIMG0731[2076]_convert_20210207105504

     農家の庭先にある畑の片隅で黄色の花が咲いている
     低い位置なので腰をおろしてじっくり見ると・・・

     可愛い福寿草の花ではないでしょうかー
     てっきりお正月ごろ咲く花だと思っていたので…
     「福」に出合えたようでニンマリしてしまった

     私が思っていたお正月の福寿草はハウス栽培されたもので
     お正月に開花して縁起の良い花として南天と一緒に飾られる

     何と言っても福寿草は「幸福」と「長寿」を併せ持っている
     縁起の良い花だが、根と茎は有毒と言われている

     「元日草」とも言われるが…これは旧暦のお正月(2月)頃咲き始めるから
     
 花言葉は 「幸せを招く」「幸福」「回想」「祝福」 と縁起が良い                

              OFPNFNII (2)



     「緊急事態宣言」が東京はじめ1ヶ月の延長になった~
      感染者数は一時より少し減少とは言え
     東京などまだかなりの人が感染しているのが実態です
      先日からは「ワクチン」の事に話題が集中していますが…

     ふと、幾つか疑問が頭をよぎるー

     ・ 治療薬の開発や承認はどうなっているのだろう ?
     ・ 自宅や施設で待機している人は何の治療もされないのだろうか ?
     ・ 症状が改善しても呼吸や歩行のリハビリを受け入れる病院はあるのか ?

     何となく治まりかけてはいるが、
      また四波が来た時は今度こそ適切な対応を素早くしてほしい
     まさか三波の時のように後手後手の対策で医療関係がひっ迫する ? !
      なんて事があるはずはないと思うが・・・
                 
               そこで
     救急科専門医でコロナ患者の治療にあたる医師が
     短歌に託して「治療最前線を詠む」
     そんな記事を胸が押しつぶされる思いで読んだ
     
          そして、今の心境を・・・
 マスクでも感謝でもなくお金でもないただ普通の日常が欲しい

     歌人「犬養楓」のペンネームで歌集【前線】を出される
     その作品の中から私が気になった歌を紹介したい

  咽頭をぐいと拭った綿棒に百万人の死の炎見ゆ

  毎日の死者数よりも意味を持つICUを生きて出た人

  この波を越えたら出そうと退職の書類が三度眠る引き出し


     彼だけでなく日本中で働く多くの医療従事者の生の声だと思う
             そっと耳を傾けてみませんか―






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

MINA

Author:MINA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR