FC2ブログ

どこかで春が うまれてる~♪

       どこかで芽のでる 音がする~♪

          音は聞き取れなかったけれど
               たしかに
       秋の終わりの頃、剪定した薔薇の木からも
          小さな芽が出て来てますね~

          そして我が家のお部屋でも
        人参の可愛い葉っぱがふあふあと
       DSCN1696_convert_20180227152152.jpg
       ニンジン倶楽部のメンバーが円舞曲を歌ってるみたいでしょ? !



明日から3月になり・・・なんとスイスでは
ロブスターの熱湯調理禁止法律が成立。

甲殻類動物は高度な脳組織を持っているので
生きたまま茹でると苦痛を与えることになる―とか
で、一度ショックで失神させて茹でる

(高度の脳を持ってないものは?…ちょっと差別感)

日本の「活き作り」も包丁の背で魚の頭をたたき失神状態にしてから・・・
でもこの方法
スイスの動物福祉法とは意味合いが違って
暴れるとうまみ成分が減るから~
うーん、この理由の方が
魚に対して失礼が無くて(?)私は納得だなぁ~

私「活き作り」はお魚と目が合いそうだしピクピク動くの口に運ぶのダメなんですが。

一瞬だから失神する間もない
活きたまま油でジュの「サワガニの素あげ」は大好き♪
酒の肴に最高 !!

今回のロブスター問題で
民族性、地域性、宗教性、文化面などで多様な考え方を知るきっかけになりました。

MINA

identitylife88_31[1]
スポンサーサイト

期待して? !・・・「菓子祭」へ~

        おだやかな春めいた日、初めて「東京製菓学校」の
           第55回 菓子祭 へ行ってきました♪
        DSCN1695_convert_20180224203935.jpg

          何度かこの学校の横を通ったことがありますが…
               いつもパンを焼くいい匂いがして♪

          菓子祭の今日は、美味しい菓子やパンが特別価格で
                 販売されるとの事で
             いそいそ出かけて行きました~
             DSCN1687_convert_20180224204118.jpg
              学校入り口(お花がずらり)

         会場ではオリジナルスイーツやパンなどが食べられる
                  「イートインコーナー」
       デモンストレーションなどがあり大勢の人でごった返していました
                DSCN1689_convert_20180224204233.jpg

パン職人になる生徒たちはここで使用する国産小麦が
         出来る工程を知るために
    種まきや麦ふみなどを体験するそうです~

そして、和菓子職人になる生徒が研修旅の際に畑で
       小豆の収穫体験をしたことも…

  DSCN1692_convert_20180224204335.jpg
      パンを作っている生徒たちをガラス越しに

あんなにゲットするゾ―と意気込んでたのに…
     結局は何も買わずに帰宅
私、長い列に並んで待つのが大の苦手なんです。

MINA

identitylife88_31[1]

刺激のアンテナ折れそうな同窓会 ? !

先日、10年前に始めた「美術館ガイド」の初めての同窓会へ行ってきました♪
            辞めて4年になりますが…
        学生時代の同窓会や会社の同期会と違い
    幅広い年齢層の仲間に逢えるのは やっぱりワクワクする~

私が活動した「美術館ガイド」は 作品の知識や情報を案内するのではなく~
            参加者と対話をしながら…
           DSCN1665_LI_convert_20180218150145.jpg
作品に描かれている形、色、もの そして背景にあるものを想像して~
         どう思う ? どう考える ? どう感じる ?
  と作品の中に入り込んでアートを理解して楽しむ鑑賞法です。

  そして今まで「作者名」「タイトル」「キャプション」 に沿って鑑賞してきた
                大人の参加者が
      「自分の中に眠っていた意外な感性に驚いたわ♪」 と。

同窓会参加者の半分以上が現役を引退していましたが~
           その後は、
     本格的に絵画を始められたSさん
     朗読や日本語を教えているNさん
     フレスコ画を始められたFさん
     視覚障害者の囲碁のお相手をするボランティアをされているМさん
     
など…皆さん人生の楽しみ方を知り尽くしてま~す♪
      社会人同窓会初体験の私は
    刺激のアンテナが折れそうでした!!

DSCN1663_LI_convert_20180218150003.jpg
小学生は時々座って集中

そして10年はやっぱり長い…と皆さん。

「学習CМに出てるあの子見てる?」
「小学生で確か4~5年生だったかしら」
「10年よ―小学生だったあの子がお父さんの背を越したんだもの」
「さすが伝統芸能受け継ぐ子、礼儀正しかったわね」

私も皆と同じ気持ちで…
テレビのCМで親子共演してる「あの子」を懐かしく見てますよ♪

(写真はなるべく後ろ向きを使いましたが子供の顔に配慮して全体ぼかしました)

identitylife88_31[1]

左利き=器用ってホント?!

       昨日、姪に花かごを送るのでフローリストへ急いだ~
                受付の女性
       左肩・肘をちょっと上げてボールペンを走らせる。
              「うん ?左利きだ~」

       最近はほとんどの人が矯正などせずに堂々と(?)
            字を書いたり、お食事したり…
       ひと昔前は子供のうちに必ず直された~
               鉛筆もつ手は右
       お箸は右で、お茶碗もつ手が左でしょう―と。

               その日の夜
         TVの歌番組で聴こえてきた懐かしい
          麻丘めぐみの「私の彼は左きき」 
         そしてピンクレディーの「サウスポー」
       70年代はやっぱり「左利き」は特別感があった

実は私も「左きき」です
子供の頃 直されたはずの私も何かの拍子に
ポロっと出てしまうらしい
「minaさん左ききなのね~」 そして続く言葉が…
これ「左利きの人って器用なのよね♪」って。

確かに知らないうちに左右どちらでもやってしまう事がある。
そのせいで?
『左利き=器用』って人は思ってしまうのかも?!

       ちょっと自慢して言ってしまうと―
             私は「器用」かも
       二十歳を過ぎた頃から自分の髪は自分でカットしてます
             ショートヘヤ―です♪
       最初は三面鏡に頭突っ込んで頑張りましたね~
             今では襟足を
       剃るのも手探りでささっと出来ちゃいますよ♪

ただ、今だに不便な事もありますね
左利き用道具は少々お高めだし…
スイカ使用の時は持ち替えるか、体を捻るか…

でも、左利きは器用だから♪ 平気です!!

MINA         

identitylife88_31[1]

春まだ遠い…神田川散歩 つづき

「胸突き坂」の階段を上がるとすぐ右側に「芭蕉庵」の通用門があります。
        (川沿いの正門はほとんど開いてません)
       DSCN1657.jpg

門をくぐるとすぐ左手にお茶をいただけるお休み処があり~
    ぬれ縁に腰掛けて静かなお庭を眺められる
            そこで一句・・・
う~ん頭の中を「ふる池や~」がグルグルまわって―
            「凡人です !?」
DSCN1652_convert_20180204182742.jpg

松尾芭蕉はこの地に三年ほど住み神田上水改修工事の監督をしていたそうです。
     280年祭に芭蕉句碑がこの庭に建てられ~
池のすぐわきにはキッチリ 「ふる池や蛙飛び込む水のおと」の碑が♪

胸突き坂を先に進むと左奥の木立の中に「永青文庫」があります。
     今は細川護熙さんが理事をされていて
こじんまりとした美術館ですが・・・細川コレクション中心に公開されています~
       DSCN1655_convert_20180204183525.jpg
裏には学生寮の和敬塾があり、その中に昭和初期に建てられた洋館があるそうです~
   月に2回ガイド付きで公開されているらしいので・・・今度参加してみましょ♪

       坂を上がりきり右に少し歩くと「野間記念館」へ
          もとは講談社社長の自邸だった所
             主に日本画の展示ですが
                出版社らしく ?
       私の大好きな挿絵画家「村上豊の作品」も数多く
             観ることができます♪
        (祖父の絵にもたまに出会うことがあります)
           
           DSCN1654_convert_20180204183010.jpg
膝をガクガクさせながら胸突き坂を戻り神田川沿いを歩きだすと・・・

芭蕉庵と隣り合っている椿山荘の冠木門に出ます~
DSCN1627_convert_20180204183355.jpg

お食事の予約もしていないのに
ここから椿山荘のお庭をよく散歩させて頂いてます~
春夏秋冬いつでも楽しめま~す♪

MINA

 lifestyle88_31[1]
プロフィール

MINA

Author:MINA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR