FC2ブログ

慌ただしい年の瀬に・・・

       今日は肌を刺すような冷たい風が吹く東京ですが…
        年の瀬寒波に襲われた日本海沿岸地方の方
             どうぞお気をつけください


       今年もあと3日を残すだけになってしまいました~
             ほんとうに早いなぁ…

       この一年の心残りは、やはり大好きな旅が出来なかった事です
               家人の入退院などがあり…
          遠出が出来ずに近場で紛らしていましたが

            ブログ訪問で、旅行体験を読ませて頂いたり・・・
              我が家から遠く離れた地の行事やグルメ
              そして詳しい美術館情報まで知ることで
       自分も一緒に知らない土地を訪れた気持ちで楽しむ事が出来ました♪


       我が家の日めくりカレンダーの28日にこんな言葉が~
           『旅は私にとって 精神の若返りの泉だ』
                          <アンデルセン>
            一番好きで私の心に響く言葉です♪

          ~ 。 ~ 。 ~ 。 ~ 。 ~ 。 ~ 。 ~

               夫婦二人のお正月も3回目を迎える
       昨年のお正月はは年末からお正月にかけてゆっくり旅行をした~
      
       今年のお正月は元旦以外はお産を控えていた娘の家へ出掛ける…
            そして3回目は―おせち作りも少々面倒になり~
      
       おせちの広告から(お重には入って冷凍で配送される)目が離せない
       
       そんな時姉に、
   「いつまで健康でいられるかわからないけど…作れるうちは
               お母さんの味を受け継いで作っていこうよ」 と。

       さあー明日から台所でお煮しめ、昆布巻き・・・頑張って作ろう ! !


        この1年、新しい方を含め何人もの方のブログを読ませていただき
              私の知的好奇心は充分に満たされました♪
                    ありがとうございました !

       
       


にほんブログ村
スポンサーサイト

# 江ノ島は私の中の#モンサンミッシェル

      enoshima1[1]_convert_20181220181821
                   TVの映像とは関係ありませんが…(写真お借りしました)

     地域によって違いがあるかも知れませんが…
     私が毎朝見ているTVの情報番組の天気予報は
     いつも「江ノ島」の映像から始まります~

     そして、
     単純な性格のせいなのか ? !
     洗脳されやすい脳みそのせいなのか ? !

     年に何回かは無性に「江ノ島」へ行きたくなってしまう―


     暮れの気忙しい時期ですが…行ってきました♪
      新宿から小田急に乗って一時間ちょっとで
          片瀬江ノ島駅へ到着です~
     DSCN2325_convert_20181220181539.jpg
         浦島太郎が出て来そうな…片瀬江ノ島駅です

          江ノ島へ続く弁天橋を渡ると…
       右側には遠く富士山がくっきり見えます♪
               渡り終え―
   土産物店や飲食店がぎっしり並ぶ弁財天仲見世通りを歩いていく
        名物の元祖「丸焼たこせんべい」の前は
      長い列を作っているので匂いだけで先をいそぐ~
                もちろん
   紀の国屋本店(本屋ではありません)の「女夫饅頭」も横目で見るだけ…


        江ノ島の頂上へは「エスカー」に乗らずに
    ひたすら階段と坂道をのぼっていく(20~30分くらい)
         途中ヨットハーバーが見える場所も♪
       DSCN2329_convert_20181221151132.jpg
                 (クリックしてください)


        海の守り神江島神社は辺津宮(縁結びのご利益)と
   美しい朱塗りの社殿の中津宮(恋愛成就)そして奥津宮からなる神社です
         奥津宮の近くには恋人の丘なるものが今はあり
             若い女性やカップルに人気です

        縁結びや恋愛成就をすっかり卒業した私は・・・
   奥津宮の隣にある龍神パワースポットでエネルギーチャージ ! !

   さあこれから…海底が隆起した岩場や岩屋洞を目指して下って行きます~
    途中に「山ふたつ」という所があります
   江ノ島東西の山の接点で南側の「長磯」と名づけられた
    隆起海蝕に圧倒される ! !

   断層好きにはたまりません―風が吹き上げ・・・けずられる岸壁
       断崖にそって浸食された海食胴が崩落したことで
           断崖絶壁の景色が作られた~
      足が竦むくらいですが…気持ちは大興奮でした♪

         今回は岩屋洞には入りませんでしたが
   海食洞窟は弘法大師や日蓮上人が修行した場所でもあります
        稚児ヶ淵の岩場の上をトンビがピーヒョロロ…と


   晴れてはいるが風はかなり強い、年々このアップタウンがこたえる ? !
     腰を下ろして休憩・・・甘味もいいけどやっぱり私は喉を潤す
   帰り道気が付いた面白いポスト・・・明治時代の復元で使われている
  
    DSCN2342_convert_20181220182138.jpg     DSCN2345_convert_20181220182303.jpg
    地ビールの江ノ島ビール          復元ポスト
  
    ずっと昔から私の中では
            江ノ島はニッポンのモンサンミッシェルなんですが…   




にほんブログ村

# 半分手書きの年賀状を…

       あと二週間で今年が終わってしまう―
               あぁ~
       年賀状を早く書かなくては…と少々焦り気味です ! !


       長い間お年賀状のやり取りだけになってしまった方にも
             私は迷うことなくお出ししている~
                    すると、
             突然お手紙が届くことがあったり…
              「東京に出て来ましたので―」と
           何十年ぶりに再会をする事もあるのです♪


                   また今年は、
            2年続けて「喪中はがき」が届いた友人には
              ブログ訪問している方の文面をヒントに
      私も心を込めたメッセージ多めのクリスマスカードを一昨日送りました


     私の年賀状作りは ・・・
     干支にこだわったデザインを練りにねった年が10数年続きましたが
     その後は ? ?
     干支に拘らずその年一番にインパクトがあった事をデザインして 
     近況報告文に重点をおき出した~

       そこで来年は―新しい年に向け『夢』を語ってみようかと・・・

     ちょっと「ほら吹き」 気味かもしれないけど…
     お正月だもの
     みんな大目に見てくれるでしょう ? !
       
     その中の一人でも「応援するよ」 なんて言ってくれる人がいたら
     来年は最高の年になるだろうなぁ~
       

               



にほんブログ村

# Newー備えあれば憂いなし?!

      大きな揺れと迄はいかなくとも 気になる小さな揺れは…
      ここ最近よく感じますー

      『大地震の前触れとは—直接関係ありません』
      とは云われるものの・・・
      心の隅っこでは小さな不安がいつもある

      避難袋の見直しをそろそろしなくては !!
      
      と思っていた時、昨日の新聞でタイムリーな記事を見つけた♪
      「災害時に一枚あれば…風呂敷七変化」


      我が家の避難袋には、
      今まで「必要」とされていたモノはほぼ揃えてあるし…
      それに、
      簡易トイレ、風呂水・川の水を浄水する「浄水ストロー」から
      宇宙服ぽくてペラペラで銀色に光る「レスキューシート」も揃えてある~


      そして今回記事を見て、追加で揃えた風呂敷と新聞紙~

       DSCN2324_convert_20181213145137.jpg   
   
      記事によると、風呂敷使い方いろいろの中には・・・
      給水袋(ポリ袋の強度に)、包帯や三角巾にもなるしリュックにする事も~
      また 長い棒が二本あれば担架代わりにもなる
      そして避難所ではカーテン代わりで最低限のプライバシーを…

      中でも私が一番感心したのがこの「簡易シューズ」でした
    
   DSCN2316_convert_20181213145303.jpg
   DSCN2321_convert_20181213145401.jpg
                     クリックして頂けると少し文字がはっきりします

      早速試してみましたが、案外と簡単にできました♪

      最近ではすっかり使われなくなった風呂敷ですが…
      チョット探してみると以外と出て来ますよ~


     これが役に立つことがない―事を願っていますが
      「転ばぬ先の杖」は大事かと?!

    一つ気になる事と言えば・・・
    3つある避難袋のうち1つはローラーが付いているが他のはない―

    齢を重ね体力が落ちていくこれから
           持ち出すのも一苦労になるだろう…と





# 「カール・ラーション展」へ行ってきました~

     招待券をいただいたので・・・
     スエーデンの暮らしを芸術にかえた画家と言われる~
     「カール・ラーション展」へ出かけて行きました
     なるべく最終日ギリギリにならないうちに…と。
 
       DSCN2311_convert_20181208170614.jpg

     私、不勉強で「カール・ラーション」の名前は聞いたことがある程度で
     代表作も知りませんでした・・・
     期待半分、不安半分でエレベーターをあがっていきました~

     中へ入って作品を観始めると… 主義主張を前面に出す作風ではなく
     身近な北欧の風景や家族に寄り添う絵画が
     優しい色彩で描かれていてホッとしました♪

     その他にも版画や挿絵などの小品も数多く出展されていましたが・・・

     何よりビックリしたのが絵画以外に
     テーブルクロスやタペストリーなどのインテリアが展示されている事でした

     確かにカール・ラーションが北欧のインテリアに囲まれている様子は
     手に取るようにわかる展覧会ではありましたが・・・

     DSCN2312_convert_20181208170711.jpg     RSCN2315_convert_20181208170927.jpg
     妻カーリン手作りクッション       リッラ・ヒュットネースの玄関

     自宅のインテリアを彩った小物などは
                妻のカーリン・ラーションの作によるものです♪
    
     カーリンは画家の道をカールと結婚することで諦めましたが
     家庭の中でインテリアを通し
     美術性を発揮したのではないかと私は感じました~


  カール・ラーションはパリで暮らしていた時期にジャポニスムから強い影響を受け
             ポスターにもなっている 「アザレの花」は
       そのジャポニスムが一番感じられる絵だと紹介されていますが
 
          私にはあまりよく理解できなくて・・・残念でしたー

  展覧室内の最後にはカール・ラーション一家が暮らした
    「リッラ・ヒュットネース」の居間をイメージして作られたコーナーも…

        DSCN2313_convert_20181208170819.jpg
               IKEA JAPAN 展示協力
     今回の展覧会を観終わった私の感想ですが…
              「カール・ラーション」の絵画を観る―というよりも

     スエーデン画家の豊かな暮らしの中の絵画やインテリアを楽しむ♪

     特に北欧のインテリアに興味のある方には
              とても居心地のいい展覧会だと思いました~


           「カール・ラーション展」
           東郷青児記念          
           損保ジャパン日本興和美術館にて
           2018年9月22日~12月24日





にほんブログ村

# 猛獣をペットに ? ・・・って ! !

     先日の新聞に、ペットのクマに襲われて男性死亡の記事が…
          ペットのツキノワグマ ? ?
                 二度見してしまう―

              山に入ってクマと出くわしたり、
      住宅街までクマが出没するニュースを目にする事はあるが…


        茨城県取手市でペットとして飼われていたツキノワグマに
      檻の中で襲われて飼育していた男性が搬送先の病院で亡くなった
           
                DSCN2309.jpg ツキノワグマ新聞写真より
             
             TVの映像で見る限りでは…
      ちょっとした豪邸風には見えるが普通の民家です~ 
          現在では庭の檻で飼われていたというが
    70歳の飼い主は子熊の頃からペットとして飼っていたのだとすると
          その時は部屋の中だったのだろうか ? !  

     そして亡くなった知人の男性は長い間飼育のアルバイトとして
            このクマと係わってきたそうです 
   襲われたのが朝10時半ごろで 『助けて—』 の声を近所の人が聞いて
               119番したとの事・・・  

     その男性は檻の中にいたところを救助されたそうですが…
         もし驚いて外に飛び出し助けを求めていたなら
               クマも一緒に飛び出して
         
         二次被害があったかもしれない…と思うとゾッとする

           行政の許可もきちんと取っていた―というが
     そもそも猛獣をペットで飼…ってあり得るのか大きな疑問です ! !
          
        狭い檻に閉じ込めて、自由も制限され仲間もいない…
      私は先日訪れた井の頭動物園の「はな子」の事が頭を過ぎった
                 それから・・・
    地震など自然災害などで猛獣が逃げ出す危険性は考えられていたのだろうか ?
               飼い主も、行政側も―


      40年くらい前になりますが・・・
      鹿野山神野寺で飼われていたトラ12頭のうち
      3頭が逃げ出しそのうち2頭が射殺された
      お寺でトラを飼育して…入場料を取って見せていた。
      あの時も、
      射殺されたトラが可哀そう―の方に話題が行ってしまった気がした。
     
      議論したり、見直したりすることを今回もしなければ
      また同じような事が起こってしまうのでは…と思いますが~





にほんブログ村

季節の移ろい・・・家の内と外

       いよいよ12月になってしまいました~
           毎年小さくなっていく・・・
             クリスマス飾りです
   DSCN2294_convert_20181130161741.jpg  DSCN2307_convert_20181130161824.jpg
   
       この小さなクリスマスツリーはオルゴール式です
         ツリーの部分がゆっくり回って曲を奏でる
               いちにち1回だけの~
                ♪きよしこの夜♪

      長い間私の為だけのXmasツリーです…周りをにぎわしているのは
              3cmにも満たないサンタたち・・・
          6ポーズの可愛さに2セットのおとな買いを♪ 

        子供が小さい時には150㎝位あるXmasツリーを
          一緒に飾り付けて楽しんでいましたが・・・
        片づけるのも一苦労だし部屋も狭くなる―と
            今は屋根裏部屋で眠っています 


       私の小さい頃は、家であの丸いケーキを食べられるのは
          クリスマスの時くらいだった ? ! と思います~
              待ち遠しくてとても嬉しかった♪

            クリスマスで思い出すのは学生の時
         ケーキ屋さんでバイトをしたとき26日か27日に
        売れ残ったケーキをもらえた~何だか得した気分に♪
          
        当時はまだ予約のシステムなどない時代でしたから…

     そうそう現在のわが家のXmasケーキはビュツシュ・ド・ノエル風の
        「トップスのチョコレートケーキ」が定番になっている



       ふと窓の外を見ると…お隣の窓に 秋が深まった蔦の赤が美しい~
         DSCN2288_convert_20181130161633.jpg

       お隣がこんなに近くてもご挨拶する程度の関係です
           この蔦のはう窓が開けられることは
               滅多にありません―

       共稼ぎで土日しか居ないせいでもありますが…
         大家さんからの配慮かも知れません ? !
   特に近い距離で接するところは、お互いに気遣いしたり控えめに―が

     都会で暮らす人々の暗黙のルールなのかもしれない~と ! !
      
        それにしてもお隣さん !
              この蔦の美しさを独り占めにしてごめんなさいね~  




にほんブログ村
プロフィール

MINA

Author:MINA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR