FC2ブログ

半夏生 (はんげしょう) と 蛸 ? !

DSCN3539_(2)_convert_20200630145757.jpg
     
     崖のちょっとした窪地の所に崖に這うように
     揃って咲いている「アガパンサス」の花たち
    
     <生命力が強く丈夫な性質>その通りに…
     こんな崖の上や公園などで最近見かけるようになった
     開花時期は紫陽花と同じように梅雨時なので、今が見頃

       
       DSCN3541_(2)_convert_20200630145657.jpg

            別名「アフリカンリリー」

     花の色は何種類かあるようですが、一般的に多く見られるのにブルー
     雨の鬱陶しさを和らげてくれるブルーが好まれているのかも…    
     花言葉は「知的な装い」「恋の訪れ」「ラブレター」



             *   *   *


   今日から7月がスタートする、中旬頃には関東地方の梅雨も明けるでしょうが
     昨夜から今日にかけての雨は風を伴い勢いを増している…
     新しい土地で安心して暮らせるようハザードマップをしっかりチェック

     さて、七月一日の今日は半夏生(はんげしょう)  
     あまり馴染みのない言葉で歳時記などで目にする程度でしたが…
     昨日の新聞折り込み広告を見てビックリしました~

  DSCN3549_(2)_convert_20200630150044.jpg
 
     スーパーの広告二店共に「半夏生」の文字が~そして
     何と「蛸」の真たこ、水たこ、たこの唐揚げの写真が並ぶ

       * 土用の丑の日にウナギを食べるーは広く知られているが
       * 半夏生の日に蛸を食べる―とは初めて知った

     最近の商魂たくましいスーパーには驚くが…なぜに蛸なの ? ?

     まず「半夏生」とは、夏至の日から11日目にあたる日(毎年日はズレる) 
     農業中心の頃の日本では半夏生は大切な節目だった
     例えば「半夏半作」と言うように半夏生以降に田植えをすると収穫が減少 
     
     そして何故に「蛸」なの
     <たこの足のように作物の米がしっかり根を張るこを祈願した>

       hanges99[1]

           ハンゲショウの花 (画像お借りしました)

      半夏生 女らしさを うとまれて  岡島孝子
      半夏生 など挿し心 にくかりし  井尾望東

   さて今晩の夕食のおかずに
        「蛸と里芋の煮物」を追加しようか、冷酒が美味しいだろうな~




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「半夏生」、そんな意味があったんですね。知らなかったです。。。
「半」を取れば「夏生」!
もう生ビールのイメージそのままですよね。

今は激しく雨が降ってますけど、今年は梅雨明けが早いと言われています。
そんで夏は「めっちゃ暑い」と言われています。
夏生ですよね。夏生!!!

No title

アガパンサスは懐かしい花の一つ。20数年前、サンフランシスコの大学の構内に沢山咲いていて、芝生で遊ぶ小鳥とセットで思い出す。それ以降何時もアガパンサスの前では足を止めてしまう。夏至が終わってもう10日になるんだね。半夏生に鮹か〜。「蛸と里芋の煮物」に冷酒、、たまらんね〜。
今日はテニスの帰りにオフィス裏の無人棚から朝取りの野菜5品を缶の中に500円入れて買って来た。「鮹と若布と胡瓜の酢の物」かな。

No title

minaさん、今晩は。
いつもありがとうございます。

「半夏生Jと蛸」のこじつけに思わず納得してしまった私です(笑)。
「恵方巻き」とか「ホワイトデー」など日本の商人の「売らんかな」商魂は天才的ですね(笑)。

半夏生だけではなく、マタタビの葉も同様に緑→白→緑と変化します。
この時期には葉緑素がないことと、気泡が入ることで白く見えることは子供の頃何度も確認しました。
山の中では本当にすごく目立ちます。

No title

minaさん、こんばんは。

アガパンサス、涼し気な色できれいですよね。
別名「アフリカンリリー」なのですね。
アフリカン?と思ったら、南アフリカ原産なのですね。

半夏生、という名前も素敵ですね。
夏至から数えて、大切な節目なのですね。
お花も風情がありますね。

No title

半夏生と蛸。
全然、結び付きませんでした。

スーパーの広告を見ても私だったら見過ごしていたでしょう。
今日はひとつ勉強をした気分です。

No title

マラどーなさん

いつもありがとうございます。

そうですね「夏生」になりますが…
「半夏生」の言葉も夏生ビールの
ツマミにでもして楽しんでくださいませ。

最近の梅雨はシトシト降るのは少なくて
激しくていちどの雨量も半端ないですから。
今年は? 梅雨明けは関西の方が早そうですね。

No title

CHIBI さん

いつもありがとうございます。

アガパンサスの懐かしい思い出を
思い起こす切っ掛けになれたようで嬉しいです。

最近は公園のちょっとした場所でも目にする事が出来て、
涼しげなブルーの色とすくっと伸びて咲く花の勢いを
見ていると気持ちがいいですね。

実は我が家の夕食も「蛸と胡瓜の酢の物」に
なってしまいました~

No title

さえき奎さん

いつもありがとうございます。

朝の折り込み広告を見て驚きましたよ。
多分初めてだったと思いますー

「半夏生」と「蛸」とは・・・
スーパーの商魂もここまで来たかと凄さに感動さえ覚えました(笑)
この広告で「半夏生」の言葉に気を止める人がいれば、
それはそれで良いかも知れないと私は思いましたが…

ハンゲショウの花が半化粧から来ている事も、
この広告から広げて知る事が出来ました~


No title

sara さん

いつもありがとうございます。

アガパンサスとアフリカが今ひとつピンときませんでしたが、
ブルー系はこの梅雨の時期には特に涼しげですよね。

半夏生の言葉は、歳時記で見た事があるなぁ程度でした。
昔は農業―
特にお米農家にとっては大切な節目だったようです。
今も残っている地方の行事なども
多くは米作と関わりがありますから…

No title

太巻きおばばさん

いつもありがとうございます。

半夏生の言葉もあまり使いませんね、
俳句などされる方はご存じでしょうが…

それと何故タコなの ?
初めて知りましたが、スーパーの商魂も
ここまでくると凄いなぁと感心してしまいますね。
恵方巻やウナギのようにヒットするかは疑問ですけど…

No title

こんにちは~

アガパンサスが咲く季節になりましたね(^^♪
こうして並んで咲いていて、紫陽花のような華やかさはないですが、
影の演出者って感じ好きです(^▽^人

もうスーパーの広告がでたのですね!
こちらは混雑しなようにまだセールは無しです。。。サビシイ!
半夏生って植物は知ってましたが、意味は分かりませんでした。
半分化粧したように白く咲くから?と。。。蛸とはまったく結びつきませんでした。
今年も半分が過ぎ、これからの半分は??不安ですね。

No title

この花、「アガパンサス」と言うんですか。
特に、今年、急にたくさん見かけるようになって、
自宅の裏の歩道の並木沿いに、あちこちで咲いているんですよ。
丈夫な花なんですね。
どれも水色ですが、爽やかな色ですね。(^^)


「半夏生」とは、よく目にしますが、
そう言う日だったんですね。
季節を表す言葉は、元々は、農耕と結びついたものが多いんですね。
一つ一つが、四季の豊かな日本ならではの、味わいを感じますね。(*^^*)


No title

ノアマル3さん

いつもありがとうございます。

梅雨時に咲く花でも紫陽花のように七変化したり
丸みを帯びた花の形ではないので華やかさはないですが…
すくっと茎が長くその先に、線香花火のように咲くアガパンサスは
これからもどんどん居場所を広げていくのでしょうね。

そうなんです、気が付いたら遠くのスーパーの広告も入っていました
今までは店内に置いてある店がおおかったのですが。
まったく知らなかった「蛸」との抱き合わせで
売り上げを伸ばそうと頑張るスーパーも大変ですね。

No title

なごみの部屋さん

いつもありがとうございます。

私も最近ですこの花に親しんで名前を覚えたのは…
こちらに来てからは至る所で目にするので、
嬉しくなってついつい写真におさめています。
白い色などもあるようですがほとんどがブルーです
(私が気が付かないだけかもしれませんが…)

色々な季節を表す言葉や風習がどんどん消えてしまいそうですが
米作の日本人としては大切に残したいですね。

No title

こんばんわ♪

半夏生の日に蛸を食べる~ 自分もこれまで知りませんでした。

その意味もわかって 蛸を見る目もまた変わるかもです。

この時期、新鮮なタコの身を薄切りにした刺し身を冷酒をお伴に
食べると美味しいですね(^^)

No title

ももPAPAさん

いつもありがとうございます。

半夏生に蛸を食べる~をスーパーの広告で知るというのも
何だか変な感じではありますが…

ももPAPAさんの所は車を少し走らせれば、
水揚げしたばかりの新鮮な魚介類を
食べることが出来て羨ましいです。

多分活きのいい蛸もありますね~
サザエと違って歯を痛める事もないですので…
美味しい蛸の刺身を召し上がってください。
プロフィール

MINA

Author:MINA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR