FC2ブログ

#お帰りなさ~い!!ボストンからの涅槃図

また最終日が迫ってから「ボストン美術館展」へ~
いつもそうー 私のおかしなクセ ? !

友人、知人を見てると・・・
  ・展覧会が始まったら、すぐ出かけないと落ち着かない人
  ・批評記事など読んだり、評判を聞きつけてから出かける人
  ・じっくり観たくて混み方重視で出かける人
など、など・・・

ギリギリで出かける私の場合・・・たぶん
   好きな食べ物を先に食べずに~
   残して、一番最後に味わって口にする♪
それと何だか共通しているみたい ? !

今日のお目当ては・・・この英一蝶の<涅槃図>です♪

DSCN1480_convert_20170924114214.jpg
幻の巨大涅槃図 (パンフレットより)

江戸時代仏画の大作と言われるだけに
その大きさにまず圧倒されます ! !
お里帰りの為に、本格的な解体修理が行われた・・・
って言うじゃありませんか~~~ありがたい ! !

こうして「里帰りする作品」を堪能できるのは~嬉しい♪

けれど・・・いつだったか
ルーブル美術館で観たい作品があって
やっとそのお部屋についたら、

「只今 貸し出し中」 のお知らせが…
それも「日本へ」 ですって ! !

旅の計画はしっかりやったのに― 美術館の作品チェックまでしなくて…
― ガッカリ感ハンパなかった―

もうひとつ気になったのがこれ。
DSCN1479_convert_20170924114127.jpg
入場案内やポスターに

ゴッホが描いた「ルーランの妻」「ルーラン氏」夫婦そろってやって来るというので
ポスターやパンフレット、案内板まで使うってどうなのかなぁ~

だって、次回の展覧会が 『ゴッホ展』 ですよ。
何だか紛らわしくないですか??

MINA

ブログランキングに参加しています
ポチっと応援していただけると嬉しいです♪
  ↓

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PCやスマートフォンなどは身近なものになって、地球上のどの人々とも隣同士に住んでいるようなものであります。
社会観として社会の中ではお互いあてにし、あてにされる関係の中で生きています。

人を思いやる気持ちは、自分に対する「愛」、他人にも同じように与える「愛」そのものです。
思い遣りや慈しみ、利他の心、報恩心を持つことこそが、「自他に対する愛情」となります。

支え合い、分かち合い、助け合いが大切となるこれからの時代において、
普段日常で心がけていれば、いつか自分にも返ってくると思います。
プロフィール

MINA

Author:MINA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR